お気軽にご相談ください!
092-329-7118
MENU
Web予約(初診のみ)※前日まで

審美・ホワイトニング

Whitening

審美歯科

審美歯科

審美歯科とは、歯や口元の美しさに重点を置いた総合的な歯科治療のことです。単に歯をきれいにするだけでなく、長期に渡って機能させることも目指して治療をおこないます。

幼年期から青年期、老年期とそれぞれの年代にふさわしい美しい口元で、自然で明るい笑顔になれるような歯を目指して、患者様とよく相談した上で治療を行います。

ホワイトニング

ホワイトニングとは、加齢や遺伝により黄色くなっている歯を削らずに専用の薬剤を使って白くする、歯にやさしい審美治療です。歯の内面まで変色している場合には表面のクリーニングだけでは白くなりません。ホワイトニングによって、蓄積した着色を漂白し、理想の歯の白さに近づけることができます。

当院ではまず、患者様それぞれの歯の色に関する希望をお聞きしてから口の中全体の診査を行います。その後、専用の器具を使用して表面の着色や汚れを除去してからホワイトニングを行います。

こんな悩みがあれば、お気軽にご相談ください

  • 歯を白くしたい
  • 詰め物やかぶせ物の変色
  • 歯茎の黒ずみを解消したい
  • 笑った時に歯茎が出るのが気になる
  • 笑った時に銀歯が見えてしまう
  • 歯の隙間や形状が気になる

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングとは、クリニックで行うホワイトニングです。短い時間で歯を白くできるので、即効性に優れています。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングとは、自宅で行うホワイトニングです。
歯科医院で「マウストレー」を作成し、ご自宅でそのマウストレーに薬剤を入れて行います。少しずつ白くなっていくので白さを実感するのに2週間ほどかかりますが、オフィスホワイトニングより持続時間を長く保つことができます。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングとは、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する治療です。費用はかかりますが、はっきりとした白い歯にすることができ、歯の白さを長期間保つことができます。

クラウン(被せ物)

クラウンとは、むし歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことです。
クラウンには、様々な種類があり、保険診療では部位によって、作ることができる冠が決められています。

クラウンの種類(保険適用外)

オールセラミック

オールセラミック

特徴

セラミック(陶器)でできたクラウンです。

メリット
  • ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • ・変色しにくい
  • ・金属アレルギーが起こらない
デメリット
  • ・値段が高い
  • ・天然歯より硬く、周りの歯を傷めることがある
ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

特徴

セラミックの一種ですが、白い金属とも呼ばれ、通常のセラミックよりも強度に優れた材料で作られたクラウンです。

メリット
  • ・天然歯に近い美しさと奥歯での十分使用できる強度を兼ね揃えている
  • ・変色しにくい
デメリット
  • ・まれに衝撃により欠けることがある
メタルボンド

メタルボンド

特徴

中身を金属で作り、外側にセラミックを張り付けたクラウンです。

メリット
  • ・中身が金属で作られているため耐久性がある
  • ・透明感はオールセラミック程ではないが、自然な白さがある
デメリット
  • ・裏から見ると金属が見える
  • ・天然歯より硬く、周りの歯を傷めることがある
  • ・金属アレルギーを起こすことがある
ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

特徴

セラミックとレジンを混ぜた材料で作られたクラウンです。

メリット
  • ・程よい硬さのため、周囲の歯を傷つけにくい
  • ・オールセラミック程ではないが、天然歯に近い透明感がある
  • ・オールセラミックよりは価格が安い
デメリット
  • ・長期間の使用で変色することがある
  • ・かみ合わせによっては適用できない場合がある
ラミネートべニア

ラミネートべニア

特徴

歯を少しだけ削ってセラミックの薄い板を張り付けます。

メリット
  • ・天然歯のような透明感がある自然な白さ
  • ・クラウンをかぶせるよりも削る部分が少なくて済む
  • ・治療期間が短い
デメリット
  • ・むし歯や歯ぎしり、かみしめが強い場合は適用できない
  • ・健康な歯を削る必要がある
ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

特徴

金合金や白金加金などの貴金属で作られたクラウンです。

メリット
  • ・金属なので強度が充分あり、奥歯にも使える
  • ・むし歯になりにくい
デメリット
  • ・金属部分が目立つ

クラウンの種類(保険適用)

CAD/CAM 冠

CAD/CAM 冠

特徴

ハイブリットセラミックのブロックを機械で歯の形に削り出して作ったクラウンです。

メリット
  • ・硬質レジンジャケット冠よりは強度に優れる
  • ・透明感は劣るが白い
  • ・金属アレルギーが起こらない
デメリット
  • ・保険で使える部分が限られる (奥歯の一部のみ)
  • ・割れやすく、減りやすい
硬質レジンジャケット冠

硬質レジンジャケット冠

特徴

レジンという歯科用プラスチックで作られたクラウンです。

メリット
  • ・セラミックのような天然歯に近い透明感は無いが、色が白い
  • ・保険適用で治療費が抑えられる
デメリット
  • ・長期間の使用で変色することがある
  • ・割れやすく減りやすい
硬質レジン前装冠

硬質レジン前装冠

特徴

中身を金属で作り、見える部分にレジンを張り付けたクラウンです。

メリット
  • ・セラミックのような天然歯に近い透明感は無いが、色が白い
  • ・中身が金属なので強度がある
  • ・前歯~犬歯であれば保険適用で治療費が抑えられる
デメリット
  • ・裏から見ると金属が見える
  • ・長期間の使用で変色することがある
  • ・金属アレルギーを起こすことがある
合金(金銀パラジウム)

合金(金銀パラジウム)

特徴

いわゆる銀歯で、全体が金銀パラジウム合金でできたクラウンです。

メリット
  • ・金属なので強度があり、どの歯にも使える
  • ・保険適用で治療費を抑えられる
デメリット
  • ・金属部分が目立つ
  • ・金属アレルギーを起こすことがある